季節の変わり目の乾燥ケアについて

10代前半から、鼻とおでこの皮脂が気になるようになりました。

顔中にニキビができるから肌全体が赤っぽく見えてしまうし、ニキビが治っても跡がシミのように残るから悩みものです。それに加え、最近は口元の乾燥も気になるようになりました。特に季節の変わり目は、笑った時に肌が突っ張る感覚がするから困ります。

ひどい時は白い粉がふいたり、ヒリヒリと痛みを感じることもなるから最悪です。この状態でメイクをすると、ファンデーションのノリが悪くなります。口元の乾燥をカバーするため、保湿クリームを塗ってからファンデーションをつけるのですが、それでも綺麗にメイクをすることができません。

季節の変わり目の乾燥ケア

肌荒れを隠そうとファンデーションをつければつけるほど、汚く目立ってしまうので、乾燥が気になる部分はメイクを薄くするように心がけています。

それでも、時間が経つと白い粉っぽいものがあらわれてくるから、こまめにチェックして保湿ケアするようにしています。

毎日のスキンケアでは、とにかく保湿を心がけています。口元の乾燥に保湿が良いことは当然ですが、おでこや鼻まわりのTゾーンのテカリも保湿ケアでカバーするようにしています。肌の水分量を上げれば皮脂量とのバランスが整えられるので、季節の変わり目の肌トラブルも少しは緩和するような気がします。

さらに化粧水や美容液に含まれている保湿成分をチェックして、できるだけ多くの種類の成分を補うように心がけています。保湿成分にはヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどがありますが、それそれ作用する部分が違ってくるからです。

季節の変わり目の肌トラブルのメイクでは、リキッドと粉タイプのファンデーションを使い分けています。まずは顔全体に薄くリキッドタイプのファンデを使い、テカリが気になるTゾーンだけ粉タイプのファンデーションを重ね塗りするようにしています。こうすることで、Tゾーンのテカリを抑えつつ、口元の粉拭きを防ぐことができるからおすすめです。

季節の変わり目の乾燥ケアには、就寝時に白色ワセリンを少し塗るのもおすすめです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)