お腹の肉をとる方法とお尻を小さくする方法 エクササイズほか

身体の部位の中で脂肪を落としたいところと言えば、お腹まわりやお尻と答える方が多いと思います。雑誌などのダイエット特集でもお腹のダイエットやヒップアップの方法などが取り上げられること多いです。

今回は、道具を使わず簡単に実践できるお腹の肉をとる方法お尻を小さくする方法を紹介したいと思います。

お腹の肉をとる方法

「お腹まわりの脂肪が気になる」「くびれがほしい」という女性におすすめのお腹の肉をとる方法を紹介しますね。お腹まわりに効いたダイエット法の口コミより。

お腹の肉をとる方法

お腹の肉をとるには腰を回すエクササイズ

お腹まわりのエクササイズは、どの方法でも継続的にやれば必ず効果があらわれるはずですが、こういうのは続けるのが難しいんですね。

そこで、簡単で効果があるのが腰をただクルクルと回すだけの運動です。意外や意外、ネットの口コミをみると、この方法で本当にウエストが細くなったという人が多い事がわかりました。お腹周りの引き締めだけでなく、便秘にもいいらしいので挑戦してみて下さいね。

お腹の肉をとるには酵素を摂ること

お腹ぽっこりの原因は、便秘やお腹にガスがたまるからです。お腹に老廃物や脂肪が溜まると、代謝が悪くなります。

肌の調子も良くない方は、酵素を取るようにするといいです。モデルさんの殆どが摂取しているという野菜や果物の100%ジュースを毎日摂るのがおすすめ。ただ、お金が掛かるし毎朝つくるのは面倒・・・という事で酵素ドリンクが人気あります。

お腹の肉をとるには下っ腹の腹筋を鍛える

身体は痩せているのにお腹だけ出ているケースは、下っ腹の腹筋が弱いからです。

特に女性は、下っ腹の力が弱いので、ここの腹筋を鍛えるといいです。腹筋を鍛えるのは通常の腹筋体操の他、仰向けに寝てお腹に力をいれながら両方の足を徐々に上げていくエクササイズも効果的です。

お尻を小さくする方法

お尻が大きいのは魅力的ですが、限度というものがあります(笑)

お尻を小さくする方法を紹介しますね。

お尻を小さくする方法

お尻を小さくするにはヒップアップのエクササイズ

お尻が大きいだけなら未だしも垂れ下がっているお尻だと最悪です。

お尻を小さくしながら同時にヒップアップするエクササイズを実践していきましょう。ヒップアップのエクササイズは、うつ伏せに寝て片足ずつ上にゆっくりと上げていきます。そして、腰を浮かせずお尻が効いている事を意識するといいです。

お尻を小さくするにはスクワットをする

下半身に効くエクササイズの筆頭はスクワットなのですが、やり方を間違えると膝や腰を痛める原因になります。あと、足が太くなるのではと心配する方もいますが、いきなり何百回もするわけではないので太くなる心配は御無用です。

スクワットの基本は、「背筋を伸ばして視線を下にしない」ことです。しゃがむ姿勢の時は、つま先より前に膝がこない事とお尻を後ろに突き出すようにするといいです。慣れないうちは、深いところまでしゃがまず、回数を少なくするようにしましょう。

お尻を小さくするにはお尻を綺麗にみせる下着

お尻を小さくする下着というと補正下着がありますが、あれって高いし、履いた時に苦しいです。経験者の方はわかると思いますが、トイレに行った時に、なかなか出てこれない(笑)

補正下着ではなく、体を締め付けないショーツでヒップラインを小さく綺麗にみせるモノが発売されています。値段も手頃なので、もし気になる方はチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)