リキットファンデーションと固形ファンデーションの比較

私がファンデーションを選び時のポイントは、まずはアットコスメなどでの口コミや友人や知人の口コミを重視としています。

口コミを散々みて、肌に優しいとか、敏感肌の人でも使えると言うキーワードが出ると、その商品をチェックして更に商品を掘り下げます。

値段などはその際には後回しにして、とにかく実際に使った人の口コミと、成分などに拘りファンデーションを選んでいる部分が大ききです。それから、ニキビ跡の化粧水も一緒に使うようにしています。

また真冬はリキットタイプのものを選ぶことが多いですが、年間を通じて使っているファンデーションは固形ですね。

メイクアップ

今使用しているファンデーションはリキットタイプは約1年近く使っていて、固形のものは約4~5年使っているので、比較的どちらも長く使っている事になります。その前に使っていたフェンデーションも何年間の使用していたので、私の場合は気に入ると一つのものを長く使うと感じます。

メイクの頻度は出かける時は必ずします。(郵便局や銀行、ちょっとした買い物時にはメイクはしません)ファンデーションを買い替えるまでは2年に1度くらいのペースです。しかし新商品などが出て、評判が良いとその時に使っている物があっても購入をします。

今使っているファンデーションに点数を上げるとすると、リキットは100点に近いと感じます。伸びやカバー力もありますし、なかなかよれません。メイクオフも簡単に出来るところが気に入っているので、改善点は見つかりません。

固形のファンデーションは80点といった感じだと思います。少し硬いタイプなので、もう少し軟らかくなれば良いなと思います。またとても薄付きなので、ナチュラルメイクの時は良いのですが、しっかりとカバーメイクを必要とする時は固形ファンデーションだけはカバー力が足りないと感じる部分があります。

固形のファンデーションはその点を改善してもらえれば、肌に優しい成分ですし、使えると感じます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)