育児中の睡眠不足のつらさを克服するための方法

年をとるにつれてだんだんと疲れがと取れなくなってきたように感じます。かといって、毎日ゴロゴロするわけにもいかず、自分なりにその疲労感と戦いながら生活をしています。

疲労を感じる時はやはり寝不足の時です。

特に小さな子供を育児中の時は、まだ夜泣きをするので夜頻繁に起きなければなりません。妊娠中もその独特の症状から一晩中寝続けることが出来ず、もう何年もぶっ通しで寝られない状態が続きました。

それでも夜泣きが少しずつおさまってくるので、だんだんと楽な状態にはなってくるものの、日によってはやはりかなり頻繁に起きて、翌日の体調に影響してしまう時もあります。

そんな時はかなり疲労感がすごく、体もだるいですし、頭もぼーっとしていてかなり疲れを感じます。

また、ストレスや疲れがある時には私の場合は体にあらわれやすいです。

特にお肌のノリが良くなくなり、お化粧をしてもメイクの状態がよくありません。肌がくすんだような感じで、メイクが決まらないのです。

また、ひどい時だとニキビが出来ます。口周りやおでこなどに吹き出物がたくさん出てきてしまいます。

疲労感やストレスがあるとすぐに体に出てきてしまいます。

私の場合、ストレスを感じた時にはちょっと横になったり、外の空気を吸ったりすると少しは良くなります。

逆に疲労感がすごい時に無理にテンションをあげようとすると更に疲れてしまうので、私の場合は普段の生活の中でリフレッシュできるようなことをします。

家の中で横になって好きな映画を見たり、漫画を読んだりして好きなように過ごしています。

他にストレスを感じた時に行うことは、シャワーを浴びます。体中をすっきりさせると少し疲労感がなくなります。その時に自分の好きなボディソープを使って全身を洗うととてもすっきりします。

又、ストレスを溜めこまないためには、ストレスを少しでも感じた時に何かしらの対処をしています。好きな音楽を聞いたり、好きな映画を見たり。あまり家にいて考えすぎると更に落ち込んでしまうので、日の光を浴びに外に出るだけでも精神的に変わってくると思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)