白髪を明るい色に染める方法と市販の白髪染めのおすすめ商品

美容院で白髪染めして貰うと明るい自然な色に出来上がりますが、自分で市販の白髪染めを使用してみると不自然で色が変になる。

市販の白髪染めを使った事がある方は誰でもこんな経験をしているのではないでしょうか?

白髪を明るい色に染めるには?

白髪染め

白髪を明るい色に染めたい場合は、市販の白髪染めを使って自分で染めるよりも美容室に行って美容師さんに染めて貰ったほうが綺麗に自分の好みに色に仕上がると思います。

ただ、髪質によっては白髪の染まり具合に個人差が出てきます。また、格安を謳っている美容室の場合は、仕入れの液剤も安いモノなので、頭皮に炎症が起きたり毛髪がボロボロになったりする事もあります。

そして、白髪染めはヘアカラーと違って明るいトーンが出にくいです。美容師の技術によっては綺麗で明るい色を出せる場合もありますが・・・。

白髪を明るい色に染めたい場合は、腕が確かな美容室に染めて貰う事です。

どうしても自宅で行いたい場合は、値段が多少高くても質の良い白髪染めを使うことです。安いモノはやっぱり安いだけのものしかありません。

白髪を折角染めても時間が経過すると、生え際や全体的なムラも気になると思うので、同時に白髪用のシャンプー類を使用したほうがいいと思います。

市販の白髪染めで明るい色に染まる商品

ネットの口コミを調査したところ、ビゲンの白髪染めが好評でした。


ホーユー hoyu Bigen(ビゲン) スピーディカラークリーム

ビゲンは、カラーバリエーションも豊富ですし、泡タイプやトリートメントタイプなど種類も豊富です。艶やかで自然な染まりで、ロングセラー商品はやっぱり安心できますね。

また、最近では、白髪染め用のカラートリートメントも人気を集めているようです。髪が傷んでいる人や肌が弱い人でも大丈夫な点で特に無添加のモノが人気です。

すぐに白髪が染まるわけではないのですが、少しずつ自然に綺麗に染まっていくようです。白髪染めの弱点でもある生え際の白髪がすぐに目立つようになる事とムラが出てしまう事もあまり心配がないようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)