内臓脂肪に効くダイエット法は有酸素運動とプチ断食とマッサージを取り入れる

内臓脂肪の落とし方、ダイエット法のポイントは、「即、結果が出るもの」です。

皮下脂肪と違って、内臓脂肪は、身体につきやすい脂肪ですが、その分、落ちやすい脂肪とも言えます。なので、頑張ればすぐに内臓脂肪を落とす事ができます。

内臓脂肪を落とすダイエット

内臓脂肪ダイエットは、すぐに結果があらわれやすいので、短期間ダイエットが適しています。飽きっぽい方は特に短期集中型のダイエットをおすすめします。

今回は、食事法と運動法とマッサージ法を紹介します。

内臓脂肪に効く食事法

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べると落ちやすいので、少々無理なダイエット法を実践してもOKです。

飽きっぽくて、いつもダイエットは続かないという方は、今流行りのプチ断食ダイエットなどもおすすめですよ。

酵素ドリンク

その他、日頃、気をつけたい事を挙げておきますね。

・食べ過ぎに注意すること(腹八分目)
・間食をなるべく控える
・アルコールをなるべく控える
・ジュース類をなるべく控える
・夜8時以降は食べない

あまり制限するのもストレスが溜って良くないので、5つぐらい守る事を決めて実践するといいと思います。

内臓脂肪に効く運動法

内臓脂肪を減らすのも皮下脂肪を減らすのも有酸素運動が一番おすすめの運動方法です。

ただ、皮下脂肪は、結果が出にくく、長時間を掛けてゆっくり減らすのが適しているので、ストレスをため込まない楽な有酸素運動が向いています。

一方、内臓脂肪は減りやすい脂肪なので、頑張れば頑張っただけすぐに結果としてあらわれます。なので、内臓脂肪には有酸素運動の中でも割とハードなものがおすすめです。

ハードな有酸素運動

・ジョギング
・水泳
・自転車漕ぎ
・なわとび
・エアロビクス

この中ですぐに出来そうなのが、ジョギングです。

ジョギング

ジョギングでずっと走り続けるのは、運動不足の人にとって無理があるので、走って歩いて走って歩いてを繰り返すといいと思います。時間は最低でも30分ぐらい頑張りたいところですね。少しずつ時間を増やしていく方法でもいいと思います。

屋外でするのは面倒という方には、自宅で出来る有酸素運動もあります。かつて流行ったビリー隊長の軍隊ダイエットの最新版で、女性でも続けやすいみたいですよ。

内臓脂肪に効くマッサージ法

内臓脂肪は、お腹に脂肪がたまるのが特徴です。

内臓脂肪を取るには、マッサージが効果的な感じがしますが、実はマッサージをしても取れません(泣)

ただ、お腹をマッサージするのは、決して悪いことではありません!

お腹へのマッサージは、内臓脂肪を直接とる事はできませんが、間接的にはとる事につながります。どういう事かというと、マッサージすることで脂肪を柔らかくする事ができます。脂肪が柔らかくなれば硬いときよりも早く脂肪が落ちる可能性が高くなるのです。

ただ、お腹の脂肪が柔らかくなっただけでは効果はありません。有酸素運動を組み合わせてあげないと無駄に終わってしまいます。

その他、有酸素運動や食生活改善で内臓脂肪が落ちてくると同時にマッサージクリームを使ってケアしてあげれば、たるみ防止にもなります。これは、大量減量や出産後の妊娠線のケアなどにも応用できますね。

マッサージクリームは良いものが結構、出回っているので探してみるといいでしょう。 また、流行りのお腹をブルブルさせるマシーンも有酸素運動やマッサージになっておすすめですが、ちょっと高いのでお手頃価格のお腹集中マッサージ機器が人気を集めています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)