洗い流さないトリートメントと洗い流すトリートメントの違い!使い方を間違うと・・・

冬なので空気乾燥しているせいか髪のパサパサ感が凄く感じられます。

いつもシャンプーとコンディショナーだけなので、トリートメントを通販でお取り寄せしたいと思っていました。

それで、私が注文したのが洗い流さないトリートメントです。

ラサーナ

洗い流さないトリートメントって髪に大丈夫?

洗い流さないトリートメントって、手軽に使えてとても便利な反面、髪に大丈夫なのかなぁ?といつも思っていました。

気になって調べてみたところ、洗い流さないタイプのトリートメントは、普段、お風呂で洗い流す時に使うトリートメントとは役割が違うようです。

洗い流すタイプと洗い流さないタイプのトリートメントの違い

洗い流すものには、髪の内部にまで栄養を届けて傷んだ部分の補修を行ってくれますが、洗い流さないトリートメントはそれに加えて、指通りや手触りを良くしてドライヤーや日中に受ける外部からの刺激から守ってくれる働きがあります。

そのため、外出先に持ち歩いて髪のパサつきが気になった時にさっと使えて髪の毛をサラサラに保ってくれるので洗い流さないタイプのトリートメントの方が重宝しそうです。

髪の毛のパサつきが気になる乾燥の季節などには特に重宝しますね。←まさに今の私の悩みにピッタリでした!

ラサーナ

洗い流さないトリートメントの使い方

サラサラにしたいからといって洗い流さないトリートメントを付け過ぎるのはダメです。

付け過ぎると、髪の毛がベタベタになるだけでなく余分な成分が頭皮について、頭皮が荒れる原因にもなってしまうので、説明書に書いている適量を守るようにしましょう。

洗い流さないトリートメントには、種類もいろいろあります。大きく分けるとオイル系、ミルク系、水分系の3つです。

オイル系は髪の傷みが気になる方、ミルク系は髪に潤いを与えてくれるのでパサつきが気になる方、水分系は潤いを与えて軽い付け心地です。

また、トリートメントによって使うタイミングや効果も違ってくるので、自分の生活スタイルや髪質に合ったものを選ぶことが大切です。

人気なのはオイルタイプの洗い流さないトリートメントのコチラです!


≪9年連続アウトバストリートメント売上1位≫ラサーナ海藻ヘアエッセンス

スポンサーリンク
レクタングル(大)