白髪になると二度と黒髪に戻れないは嘘!ジアミンを使っていない白髪染めで対策

40代になってから気になりはじめた事と言えば、白髪があります。

特に、耳のそばの横髪の白髪がとても気になります。

髪を結ぶと返って目立つので、ボブなどにして結ばない方が目立たないのですが、仕事上、そうはいかなくて・・・。

白髪は二度と黒髪に戻れない?

白髪染め

白髪の原因は、遺伝や加齢が主なものですが、生活習慣やストレスによっても起こります。

個人差がありますが、30代後半になると増えてきたと感じる人が多くなります。

白髪になってしまうと、二度と黒髪には戻らないと言われていますが、これは事実とは異なることが最近分かってきました。

日本人の髪の毛は元々は白く、メラニン色素によって黒い状態になっています。メラニン色素がなくなることで、白髪になっているのですが、その状態は2種類あります。

メラノサイトの休止期で白髪になる

メラニン色素の元になるメラノサイトという細胞が休んでいる状態の時に白髪になることがあります。

例えば、過度なストレスがかかったときなどは、メラノサイトが休止期に入ってしまい、一時的に髪の毛が白くなってしまうことがあるのです。

これを聞いてフランス王妃のマリーアントワネットの話を思い出しました。マリーアントワネットは、革命により投獄されましたが、このときストレスから白髪になったと伝わります。

しかし、ストレスが解消されると、メラノサイトがまた活動し出しますので、だんだん髪の毛は黒くなっていきます。

毛先は白いけれども、毛根に近くなると黒い毛になっていくという場合は、この休止期に入ったことがよく分かる例です。

メラノサイトの機能低下で白髪になる

メラノサイトがメラニン色素を作り出す機能を失ってしまった状態の時は、残念ながら、現代の科学ではメラノサイトを復活させることができません。

この状態になってしまうと、白髪が黒髪になることはありません。

メラノサイトが休止している場合のみ、黒髪に戻ると言うのが正確な情報です。1本1本の毛がどちらの状態なのかを確認するのは難しいことですが、白髪になる原因は、2種類あるということを覚えておくといいと思います。

市販されている人気の白髪染め

メラノサイトの機能低下で白髪になるのは、人間なら老化現象は避けられないのでなすすべがありません。そのため白髪対策をするとすれば、白髪を染めることになるかと思います。

ドラッグストアなどで市販されている白髪染めは沢山あります。男性用、女性用、値段も着色に要する時間もピンからキリまでありますが何を重要視して選択するかによって選ぶ商品は変わってきます。

今回は女性用で髪の毛をいたわりながら、しっかりと白髪染めをすることが出来る人気商品についてご説明をします。

ジアミン不使用の「ハイステップヘアカラートリートメント」

白髪染めのおすすめは、ジアミンやシリコーン不使用の【ハイステップヘアカラートリートメント】という商品です。


痛まず染めるハイステップヘアカラートリートメント

特徴はドラッグストアなどで陳列されている多くの白髪染めと違ってジアミンやシリコーンが入っていないので地肌に優しいこと。また着色に要する時間も約15分程度と美容室などで行う毛染めと比べると比較的短い時間で白髪染めが行えます。

白髪染め独特のきついニオイもなく液剤に手が触れても大丈夫、すぐに落とせます。

肝心の仕上がりですが、髪へのダメージも少なく、ヘアカラートリートメントをしたような手触りで仕上げることが出来ます。色もしっかり入りますし、白髪が多い人でも満足の行く結果が得られると思います。

お値段もWEB価格は安くなっていますので、美容室でカラーをすることに比べれば破格の値段です。ただ市販のものと比べると若干高い価格帯となるため、その辺はよく考えてから購入するのをおすすめします。

ジアミン不使用!白髪染め【ハイステップヘアカラートリートメント】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)