生理不順に大豆イソフラボン!豆乳だけでなくきなこもおすすめ

40代突入ですでに更年期の症状なのか?
最近、生理不順がとても気になります。

特に私の場合は、生理不順になる事がほぼなかったので、更年期に向けて少しずつ体も変化しているのだと思います。

今回は、生理不順に効果的なおすすめの食品を紹介したいと思います。

生理不順におすすめの食品や食事法

サプリや漢方、病院以外で自力で生理不順を治した体験談で多かったのが 食生活の改善です。

生理不順の改善第一歩は、食生活の乱れをなくす事です。

生理不順が改善した体験談を探してみてコレは効くと思ったのを紹介したいと思います。

もともと、食生活の乱れは生理不順を引き起こします。無理なダイエットで栄養が偏ったり、ダイエットからくるストレスで生理不順になるケースもあります。

健康的な食生活に戻したら生理周期が正常になったという声もよく聞きます。ダイエットはせずに、肉と魚と野菜をバランスよく3食きっちり食べることで、かえって自然と体重も減っていくとの事です。

マカ

女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果が期待できます。生理不順の原因にもなる冷え性にもいい。

豆乳(大豆イソフラボン)

豆乳に含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た物質なので、生理周期が正しくなる可能性があります。無調整の豆乳がいいらしいです。

きなこ

きなこの大豆はイソフラボンが含まれていて、女性ホルモンを増やします。生理不順にはこの少なくなっている女性ホルモンを増やしてあげることが重要です。きなこは栄養価がとても高い食品で値段も安いしおすすめです。

大豆イソフラボンの食品というと豆乳のほか、きなこもそうですね。

きな粉はモデルさんの間でも人気が高く美容雑誌でよく紹介されています。コーヒーと混ぜて飲んだりする人が多いそうですよ。手軽なので試してみる価値ありそうですね!

ちなみにきなこの体験談では、毎日小さじ1杯の「きなこ」を飲んでいたら何か月も生理がこなかったのに、飲み始めてから1週間で生理が来たそうです。そのまま飲み続けているうちに毎月必ず来るようになって即効性にとても驚いたそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)