逆まつげは手術でメスを入れないプチ整形もあり?

友人が現在、 逆まつげの症状に、常日頃から悩まされている状態です。

私は逆まつげではないので、どのくらい悩みが深いものなのかよくわからないのですが、本当に不快なものらしいです。

まつげ

逆まつげとは?

逆まつげとは、デリケ-トな角膜へと、強いダメ-ジを与えたりする、非常に不快な感じがする、目の症状の特徴があります。

私達人間のまつげは、通常では瞼の縁のゾ-ンなどから、眼球部分とは、正反対の方向にカールしており、眼球自体へと直接触れないようにして、上手く生えて来ます。

逆まつげが起こってしまう事で、何らかの不具合から、強く影響を受けてしまう事により、まつげそのものが、眼球があるエリアへと、生えて行ってしまいます。

一旦そうなる事で、まつげが眼球本体へと、ダイレクトに当たって行くようになります。

この症状が更に進行してしまうと、大切な角膜の組織などに、厄介な潰瘍や炎症などが、かなり現れやすくなってしまいます。

逆まつげの症状によっては、直ぐに涙目になったり、目が異様にゴロゴロしたり、突然強く痛み出したりしますので毎日が全く楽しくなくて、常に塞ぎ込んでいる、後ろ向きの精神状態になる事もあります。なので、出来れば早急に、逆まつげを治して行くのがよいです。

逆さまつげというと昔は手術する・・・メスを入れるのが多かったですが、今もそうなのか気になりますね。

一重瞼の人が二重瞼になったりしてある意味、整形じゃんと思ったこともありました。プチ整形という感じで今はメスを入れない施術方法もありそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)