骨活におすすめの体操はスクワットとかかと落とし!オステオカルシンの分泌UP

就活や婚活や終活など「〇活」という言葉が流行りましたが、今、流行の兆しをみせている言葉に「骨活」というものがあります。

骨に活なので、その名の示す通り骨を鍛えて(活性化)させて健康になろうという事です。

骨を良い状態に保つことは、健康と美容に良い影響を与えますので、その辺りをもう少し詳しく紹介していきたいと思います。

ダンベル

骨活とは?

健康的な骨は、骨芽細胞からオステオカルシンというホルモンが分泌されます。

このオステオカルシンの凄いところは、若返り効果にあります。認知症の予防や肌や髪など体のあらゆるところの老化を遅らせる効果が期待できます。

オステオカルシンは、女性が年をとると急激に少なくなってくるコラーゲンの生成も助けてくれるのです。

他にも免疫力の向上や寝たきりの防止、血糖値の上昇を抑える、太りにくくするなどの効果もあります。糖尿病には、骨活がとても良さそうな感じですよね。

骨活におすすめの体操は?

骨ホルモンのオステオカルシンの分泌を促すためには、下半身を強化する運動や体操がおすすめとの事です。

急に本格的な運動をするのではなく、簡単なものからチャレンジすると続けやすいかと思います。下半身を強化する運動と言うと、スクワットを真っ先に思い浮かべたのですが、どうでしょうか?

かかとの強化もオステオカルシンの分泌を助けるようなので、かかと落とし小さなジャンプなども良さそうですね。

骨活におすすめのレシピは?

運動だけでなく食事面からもオステオカルシンの分泌を促すとWの効果が期待できます。

骨を強くするというとどうしても「牛乳」「小魚」をイメージしますが、どちらにせよカルシウムがとれる食材が良いみたいです。

おすすめは、「サバ」「ヨーグルト」の他にビタミンが豊富な「納豆」「きのこ」など。

サバはそのまま食べるのも良いのですが、私は苦手なのでサバの缶詰を利用したいなぁと思いました。サバの缶詰ならそのまま使えるし骨も入っていないので食べやすいです。

おすすめのレシピは、クックパッドで検索すると沢山出てきて迷うほどです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)