40代女性のニキビ原因は更年期障害も大いに関係あり?

ニキビと人前で言うのも恥ずかしい40代は、吹出物と言った方がいいかもしれませんね。

本来、ニキビというと肌が脂っぽいのが原因だったりしますが、30代や40代は、肌が乾燥しているのにニキビができます。

40代でニキビができる原因は?

年齢とともに肌が乾燥してしまうため角質が硬くなり毛穴が閉じてしまいます。そうすると皮脂が詰まってニキビができてしまいます。

また、40代ともなれば、エイジング化粧品に切り替えようとします。エイジング化粧品は、油分が多く配合されているので、この年代でも皮脂分泌が活発な人が使うとニキビの原因となります。

他にストレスや睡眠不足でホルモンバランスが乱れたり、ダイエットなどの便秘でニキビができやすくなります。

それから、ニキビは洗顔をマメにすると治るイメージが強く、必要以上に洗顔を頑張るとかえって悪化する可能性もあります。

大人ニキビが良くならないのは、洗顔や間違ったスキンケアにある事も十分考えられます。

更年期障害もニキビに関係がある?

更年期障害

40代後半になれば更年期障害の影響もあるので、ホルモンバランスの乱れが大きく関わります。40代は、急激に体の変化が感じられる年代だと思います。肌の回復度や体の疲労感など・・・。

そして、ニキビができてしまうとニキビ痕やシミになりやすいです。ニキビはできても全然いいのですが、痕になると厄介ですよね。

シミは、自然と綺麗に消えることはまずありません。尚更、40代ともなれば肌機能もかなり衰えます。

ニキビ痕やシミを完全に消すのは難しいので、なるべく目立たないようにするなどしましょう。例えば、コンシーラーで大人ニキビを隠す方法など有効です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)