シャンプーの成分で界面活性剤入りは当たり前!ノンシリコンのシャンプーも効果なし?

シャンプーは、メーカーによって含まれている成分が異なりますが、90パーセントは水と洗浄剤成分で成り立っています。

洗浄剤とはつまり、界面活性剤と呼ばれるもので、これがどんな成分かによってシャンプーは決まると言っても過言ではありません。

シリコンシャンプーの流行について

最近ではシリコンシャンプーが流行していますが、シリコンタイプだからといって全てが良いシャンプーとは言えません。購入する側としてもその言葉に惑わされずにしっかりと選ぶことが大切です。

洗浄効果が高いタイプは少なからず頭皮への影響が少なからず発生します。刺激が強い洗浄剤が含まれていることが多く、頭皮へのダメージがあり、荒れる原因となってしまうこともあります。

例えば、ラウリンサンをもとにした硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウムが含まれているシャンプーは汚れ落とす力は非常に強いですが、頭皮や髪に刺激を与える原因の1つとなってしまうこともあります。

ココイルグルタミン酸などのアミノ酸系が含まれているタイプは洗浄力は弱まりますが、たんぱく質からできている髪の毛の痛みに吸着し、補修する効果もあり、頭皮を守る役割があります。

また、ベタイン系界面活性剤タイプは、水中に含まれるタイプによって陰イオンにも陽イオンにもなるもので、アルカリや酸を中和する役割があり、他の界面活性剤による汚れを落とす力の邪魔をすることなく髪の毛の汚れや頭皮の汚れを落とすことができるようになっています。

ノンシリコンのシャンプーは効果なし?

シャンプーの中にはシリコン成分が入っているものと、入っていないノンシリコンのものとがあります。

ここでいうシリコンとは、具体的にはジメチコンと呼ばれる成分が代表的なものですが、ケイ素の化合物の一つです。

このタイプのケイ素化合物は、構造によってオイルに似た性質を持ったり、ゴムに似た性質を持ったりしますが、どちらも普通のオイルやゴムとは化学的に異なる、化学合成物です。

なぜ普通のオイルやゴムではなく、シリコンの化合物を使うのかというと、非常に安定しているという特徴があるからです。

シャンプーに配合した場合、ジメチコンは髪の表面をコーティングするような形となり、ツヤを出す働きがあります。また、櫛通りがなめらかになり、手ざわりも良くなります。

このように非常に良い働きを持っていますので、ではシリコン成分の入っていない、ノンシリコンのシャンプーでは意味がないかというと、必ずしもそうではありません。

というのも、シリコンには利点ばかりかというとそうでもないからです。

シリコン成分のデメリット

シリコンにもデメリットはあります。

それは、単に髪の表面をコーティングするだけで、髪を内部から保護するとか、美しくするような働きは一切持っていないからです。

さらに、先にも述べたように、シリコン成分とはケイ素からなる人工的な化合物であり、ヒトの体、髪の毛に元から存在するような物質ではありません。

そのため、場合によっては肌に合わず、肌荒れを起こしたりすることもあります。

ノンシリコンシャンプーの場合は当然そういうことはありませんから、決して意味がないわけではありません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)