美髪をつくる頭皮マッサージと正しいブラッシング方法

頭皮が元気がない・・・。

健康で綺麗な毛髪になるためには、頭皮のマッサージをするのがおすすめのようです。

特におすすめなのが、ツボ押しの頭皮マッサージ法で、とても簡単そうで続けやすいので私も実践してみようと思います。

正しいブラッシング方法

ツボ押しの頭皮マッサージ方法

健康な毛髪に効果があるツボは、「百会」と「天柱」と「風池」です。

「百会」は、頭のちょうど、てっぺんにあるツボになります。「百会」を人差し指で3秒気持ち良いと感じる程度に押します。そして、ゆっくりとツボから指を離します。

「天柱」は、首のうしろの太い筋肉のすぐ外側にある窪んだところにあるツボです。天柱を親指で5回まわす感じで揉みながら押します。それから、少しずつツボから指を離しましょう。

「風池」は、天柱よりもひと指分、外側にある窪んだところにあるツボです。風池を親指で5回まわす感じで揉みながら押します。同様にツボから指を離していきます。

美髪になるにはツボ押しとブラッシング

頭皮のツボ押しと同時に正しいブラッシングを身に付けると美髪の即効性が高まります。

ブラッシングすると、髪の汚れを取り除き毛髪を清潔に保つ事ができます。また、頭皮を刺激するので血行促進を促し、健康でサラサラな毛髪にしてくれます。艶とハリのある髪になるには、正しいブラッシングが必要です。

まず、ブラッシングには当然、髪をとかすブラシが必要ですね。ブラシは、目が粗いナイロンブラシがおすすめ。

髪の毛のブラッシング方法

①毛先からブラッシングする
②髪がもつれているところは丁寧にほぐす
③髪のとおりが良くなったら毛根から毛先までとかす

ブラッシングの際、気をつけたいのが「力を入れ過ぎない事」と「濡れた髪をブラッシングしない事」です。シャンプー前にブラッシングしてあげると汚れが落ちやすいです。反対にシャンプー後の濡れた状態でブラッシングするのは髪を傷つける原因になります。

そして、ブラッシングすると静電気が発生する場合があります。対策としては、霧吹きをさっと軽く髪にかけて、ゆっくりとなでる感じでブラッシングするのが良いです。

ブラッシング用のブラシは、目の粗いナイロン系がおすすめですが、仕上げには、ヘアスタイルに合ったブラシを使い分けるのがいいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)