目の周りの白いブツブツとまぶたのシワやたるみが気になる

目の回りのスキンケアがなってないなぁと感じていたので、今日はその話題について書いてみます。

私の目元には、白いブツブツが複数あって、ずっとコンプレックスでしたので雑誌やインターネットで良くなる方法を探したりしました。

このブツブツは、インターネットで調べてみると、稗粒腫(はいりゅうしゅ)と言われる脂肪の塊だったり、角栓が毛穴につまって盛り上がってしまったものだそうです。

鏡

いつ頃からこのブツブツがあるのだろう‥と思い返してみると、私がまだ中学や高校に通っていた時からあると思います。その頃からブツブツは増えてきて、いつの間にかたくさんできてしまいました。 

最初は1~2個しかなく、眼科かどこかに行った時に無害なブツブツだと聞いたので放っておきました。そのまま月日は経過して、ブツブツに慣れてしまって、なにも対処はしていません。

以前、そのうちの1個をピンセットで潰しましたが、ブツブツは再発しました。それから、このブツブツをなくすのは無理だろうと諦めていたのです。

最近、年齢肌が気になってきて、ブツブツも気になり始めました。ブツブツの予防法は保湿らしく、最近になって蒸タオルや美容液で目元ケアをしたいなと思い始めてます。

また夏は紫外線や汗に要注意なのでこれからの季節気をつけていこうと思ってます。

そして、ブツブツだけでなく、まぶたのシワやたるみにもかなり悩んでいます。

まぶたは、アイカラーなどを載せる位置でポイントメイクにおける最重要地点であると言われています。中でも気になるのが、まぶたのたるみです。まぶたがたるんでいると老けてみられる要因にもなります。

まぶたは、上まぶたといわれていますが、年齢を重ねるとシワや弛みができやすくなります。二重瞼は三重になってしまったり、アイメイクが崩れやすい状態になります。

日頃のスキンケアでは、顔全体の保湿はしても、特に若い頃は目元を意識したスキンケアをしていなかったので今頃になって反省です。

25歳は、お肌の曲がり角といわれるターニングポイントの年齢なので、この頃から目元のスキンケアに力を入れることが望ましかったみたいですね。

目元専用のスキンケアを日常のスキンケアにプラスする事で、年齢を重ねてからの目元の悩みが変わり、面倒なようでも一手間かけることにより、生涯目元の悩みを気にせずに生活できるとの事です。

今、スキンケア化粧品に目元用のアイテムが多く発売になっています。そういう商品を使ってみようかなぁと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)