脂肪吸引中や術後の痛みについて!脂肪吸引が怖い方におすすめの美容施術法は?

脂肪吸引の施術に躊躇する理由のひとつに、痛みがあるのかどうかが気になると思います。

痛みの有無や強さの程度によっては、会社や家事などを休んだりするなどの対応をする必要もありますよね。

脂肪吸引の施術を受ける際には、どのような痛みを想定しておけばよいのでしょうか?

脂肪吸引に痛みはあるのか?

検査

脂肪吸引では、施術の際に静脈麻酔や全身麻酔、または部分麻酔を使用します。

吸引の前には麻酔に生理食塩水・止血薬などを加えた麻酔液を脂肪吸引する部位全体に注入してから、皮膚を切開・カニューレを挿入して脂肪吸引を行なうために、施術中は痛みを感じることはあまりないと言われています。

痛みが心配な方は静脈麻酔か全身麻酔を使ってもらうと良いでしょう。

脂肪吸引をした術後の痛みは?

脂肪吸引の施術を受けたあとの痛みについては、施術の内容や個人によって感じ方が異なってきます。

基本的に、吸引した脂肪の量が多い場合は痛みが大きく、少ない時には痛みが小さいと言われています。

また、吸引を行なう部位による痛みの差ですが、お腹や太もも・ヒップなどは痛みが強く出る傾向があり、ふくらはぎや二の腕などはお腹などに比べるとやや痛みは弱めに出ると感じる方が多いようです。

こうした痛みは、術後の急性期である3日間は出やすく、痛みを感じやすい方の場合は抜糸までの1週間ほど続くという方もいらっしゃいます。

とはいえ、術後には痛み止めを処方してもらうことができますし、最近は貼るタイプの痛み止め薬もあります。こうした薬を上手に使えば、筋肉痛や打撲程度に痛みを抑えることもできます。

痛みに不安がある場合には、施術前のカウンセリングなどで痛みが出た際の対応などを医師に相談しておくと良いでしょう。

脂肪吸引にかわる施術法は?

脂肪吸引は、死亡事故が報じられた事もあり怖い・・・でも痩せて綺麗になりたいという方のために美容外科で行われているほかの痩身系の施術法を紹介しますね。

メスを使わないで、レーザーや注射で行う痩身法です。

某有名美容外科の事例を参考にしましたが、費用も安く済みますし、数分で終了するとあって、若い女性からも人気があります。

  • スマートレーザー
  • 脂肪溶解注射
  • 肥満治療(リジェンスリム)
  • ボトックス美脚法
  • 医療痩身(メディカルダイエット)
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)