隠れ肥満はBMI値や体脂肪で判断できる?無理なダイエットで予備軍になる

見た目はスリムに見えても実は隠れ肥満というタイプが多いそうです。私みたいに見た瞬間、間違いなく肥満だと分かるのも悲しいですが(笑)

今日は、そんな隠れ肥満について調べてみましたので、まとめてみたいと思います。

計量

隠れ肥満とは何?

隠れ肥満とは、見た目では肥満に見えなかったり、BMI値が25未満であるにも関わらず、体脂肪率が男性の場合25%以上、女性の場合30%以上の状態を言います。

この隠れ肥満は、内臓脂肪型肥満のことが多く、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす可能性もありますので、見た目がスリムな方でも注意が必要です。

隠れ肥満の原因

隠れ肥満の原因は、色々と言われていますが、食生活の乱れが原因となることが多くなっています。

特に食事制限のダイエットをしている方の場合、摂取カロリーを減らす際に偏った食事になってしまい、1日に必要な栄養素が補給できず、体内バランスが崩れてしまったり、生命を維持する為に、不足したエネルギーを貯蓄しはじめ、結果的に脂肪が増えてしまう可能性があります。

また、人間の基礎代謝量は25歳をピークに減少していきます。その為、25歳を過ぎても同じ量の食事をしていると、今まで以上の運動をしないと、燃焼できない脂肪が溜まっていくようになります。

このようなことが原因で隠れ肥満になる方が多いので、普段から栄養バランスの良い食事とカロリー計算、適度な運動を心掛けると良いでしょう。

ダイエットをする場合でも、カロリーは減らしつつ、必要な栄養素は取るようにしましょう。

隠れ肥満を数値で表すとしたら?

隠れ肥満は、ある程度、体脂肪率で判断することができます。

肥満とは一般的にBMI値が25以上の状態を指しますが、BMI値が25未満でも肥満と診断されることがあります。見えない部分に脂肪が溜まっている状態で、隠れ肥満と言われています。

見た目やBMI値では、肥満ではないのに体脂肪率が高いということは、内臓の周りに脂肪がついている内臓脂肪型肥満の可能性が高く、高脂血症や脳梗塞、心筋梗塞を引き起こす可能性が高いので注意が必要です。

女性の場合、特に食事制限のダイエットを行っている方は、1日の摂取カロリーを抑える際に、必要な栄養素が足りなくなることで、体重は減り、見た目はスリムになったものの、隠れ肥満になることもあります。

隠れ肥満の対策

まず、食事制限を行う場合は、必要な栄養素も考慮してメニューを決めましょう。

また、朝食を抜くと隠れ肥満になりやすいとも言われていますので、1日3食バランス良い食事を心掛けると良いでしょう。

隠れ肥満は、健康障害に直結する可能性もありますので、体脂肪率を測定できる体重計などを利用して、1ヶ月に一度など定期的に確認すると良いでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)